Tag Archives: 加那筑

ベルリン民族学博物館で再発見された明治17年の沖縄の買収から琉球王国時代の終わり頃に製造されたの槍

縄民具の中で、武術の使用することができ多数の機具があります。例えば、山の民具(手斧など)、海の民具(銛など)、農業の民具(鍬など)、技工の民具(鉋(かんな)など)等々。もちろん、これはまた、猟具を含む。 ドイツ政府は明治17(1884)年に日本政府を通じて、沖縄の物産543点を購入しました。項目のうちは槍や山鉈であったが、猟具(Jagdgeräthe)として記述。これらの道具は沖縄古武道でも武器として使用します。 画像データや詳細は、これまで公開さされていない。また、槍と山鉈が内部データベースに含まれていませんでした。ベルリン民族学博物館に研究リクエストを送信した後、彼らは民俗資料物理的なコレクションをチェックした。 残念ながら、その山鉈が実際に未知の場所に連れて行かれ、戦損である。しかし、槍は依然として存在していて、これだけの研究要求によって再発見されました。それが木製の棒と鉄の槍先で構成されています。これは、釘、リベットまたは他の締結具を使用せずに接続されている。棒と槍先を一緒に参加するためには、円錐形の接続が使用されている。ここでは、沖縄の棒の円錐形の先細りの起源のための合理的な説明を参照してください。

Posted in Photos, Unknown Ryukyu | Tagged , , , , , , , , | Comments Off on ベルリン民族学博物館で再発見された明治17年の沖縄の買収から琉球王国時代の終わり頃に製造されたの槍